診療のご案内


<新しいシステムを導入しました。患者様にとって更に納得のいく診療をめざします。>

診療の流れ

ラポールカウンセリング
ラポールカウンセリング
  1. 診査        口腔内カメラ・レントゲン(図1参照) 
  2. 説明        現在の症状、治療に対してのご希望などをお伺いするラポールカウンセリング。
  3. 治療・治療計画   同意を受けた上で治療を開始します。(図2参照)
  4. 治療説明      治療説明、治療時指導事項をプリントしてお渡しします。
  5. 会計        領収書の発行。

 

 

 

(※図1)
診査について

歯周検査では患者様がご理解しやすいようグラッフィック表示にしてご説明します。
歯周病などの、歯茎に隠れた部分も表示されるため、大変わかりやすくなりました。
又、ペンスコープで撮影した口腔内の状態を、画像で分かりやすく確認することができます。

 

 

(※図2)
治療計画について

画像を見ながら、現在の状態と治療計画の説明を確認できるので、患者様の不安やご心配を取り除くことが出来、納得のいく診療が進められます。

 

 

(図3)
アニメーション症例について

アニメーション症例で患者様に分かりやすくご説明します。
予防・歯磨きなどお子様にも正しくご理解して頂ける画像です。

診療方針と予防治療

コミュニケーションを取りながら治療
コミュニケーションを取りながら治療

 

  1. M1(ミニマムインターベーション)極力削らない治療・できるだけ抜かない治療
  2. 歯周病は定期的メンテナンスをしっかり行います。
  3. 治療を嫌がるお子様でも、コミュニケーションを大切にすれば大抵治療ができるようになります。
  4. 基本的に保険診療を主体として行います。
  5. フッ素を応用した予防治療に重点をおいています。